長野の車買取業者とユーカーパック

長野で車買取業者を探しているうちに、衝撃的なサービスを発見してしまいました!

車買取 長野 で検索していたページに出ていたのですが、一括見積サービスというものがあるそうです。登録をすると、複数の車買取業者が見積りを出してくれるでの、一番高値を付けてくれた車買取業者に買ってもらえばいいというものです。

ただ、各業者の間とやり取りが必要で、査定や見積り、電話連絡などが煩雑だそうなんです。ところが、これをも払拭する新しいサービスもあるのでここに登録しようと思います。

この新しいサービスの内容なんですけど、ユーカーパックというサービスです。やりとりするのはユーカーパックだけで、車の情報などを登録すると概算見積もわかります。査定は代表業者がやってくれて、その情報を元に複数の車買取業者がオークション形式で買取価格を決めてくれるという仕組みです。

オークション形式というのが味噌で、一番高値で買取ってくれる業者が自動的に決まってくれます。こちらからしたら最高ですよね。何の手間もかかりません。

ジムニーのような少し癖のある車はマニアがいるので、割りと高値で買取ってもらえるんじゃないかと思って楽しみです。

その他長野の車買取業者の一覧も紹介されているので、一度見てみるとよさそうです。あつし、腕っぷし強うそうですね・・・・。

ジムニーの専門店を調査

愛車のスズキジムニーを高く売る方法を検討中です。

長野市の中古車買取店を調べてみると、18号線に店舗が多くありますね。アップル、ガリバー、ビッグモーターなど、大手の中古車買取店が集中しています。

こういった所に買取ってもらうのもありなんですが、ジムニーって割りとコアなファンがいる車ので、ジムニー買取専門店なんか無いのかなー?と思って更に調べてみました。

ジムニーの専門店自体はいくつかありますね。パーツのが販売とか、中古車の販売とか。ただ、どうも中古車の買取を全面に出している店舗がよくわかりません。ジムニーの中古差を販売しているところでは買取もやっているような気がしますが、買値と売値がばれてしまうのはイマイチなので、同じ場所で買って売ってということはしないのかもしれませんね。

トライフォースカンパニーという会社はホームページもあったので、今度一度話を聞きに行っていようかと思います。でも、車体の買取はしていないと言われたどうするかも検討しておかないといけません。

買取店舗を全部回って査定してもらうのも効率が悪いですし、全部回れるわけでもないですし。かといって、買取額に妥協して安値で手放すのも嫌ですし。なんとしてもランクルをゲットするための足しにしたいですもんね。調査を続けたいと思います。

長野県は4WD車が主流?4WDのメリット・デメリット

どうも、ヒロタカです。

長野県は雪が多いからだと思うのですが、4WDの車は非常に多くは走っています。4WDの車専門店も結構あるんですよ。サーティー長野、サーティー軽井沢、FLEXランクル長野店などがあります。

4WDのメリットは、悪路走行に強い点です。4WDは前輪か後輪のどちらか一方が空転しても大丈夫です。2WDでは、ぬかるみにはまったり凹んだところへ駆動輪が落ち込んだりすると、そこから抜け出すのは困難ですが4WDでは大丈夫です。

あとは、エンジンの力を効率よくタイヤに伝えることができる点です。つまり、雪道や凍結した道路での走行性能が高く安全だったり、ハイパワーエンジンを搭載したスポーツカーの走行性能が向上する、高速走行時の加速力に優れるということです。デメリットは、コストが高い、燃費性能が2WDより劣る、コーナリングはアンダーステアとなりやすいということですかね。やっぱり雪道走行で強い4WDは長野県では需要が高いです。

僕が今乗っているのはスズキのジムニーですが、これも4WDです。性能も悪くなく見た目もカッコよくて好きですが、トヨタのランドクルーザーに買い替えたいなぁと考えています。

ランクルは昔からの憧れで、免許を取る前からいつかはランクルに乗りたいと考えていました!仕事も安定してきましたし、ちょっと見栄張ってランクルに買い替えようかと思います。田舎あるあるかもしれませんが、田舎では高級車に乗っている人は若者が多いんです。やることが車とパチンコくらいしかないからですかね(笑)

そのためにもできるだけ今乗っている車を高く売りたいと思います!長野県で車を高く売る方法を徹底リサーチしようと思います!

長野県の雪道で車運転するコツを教えます

どうも、ヒロタカです。

もうすぐ冬ですね。スノボが待ちきれません!長野県白馬の白馬岩岳スノーフィールドに行きたいです。たまには野沢温泉スキー場とかに行ってみようかな。

スキー場に行くときは車で行くのですが、雪道の運転は本当に怖いです。僕の車は4WDのスズキジムニーなのですが、それでも怖いです。凍った道路なんてベテランでも初心者でも関係なく危ないです!

ちなみに、雪道での運転のコツは「スライドさせない、ロックさせない、スタックさせない」というのが安全運転の基本です。

スライドとは横滑りのことですが、これには事前準備としてはスタッドレスタイヤや金属チェーンの準備・装着が必要です。心がけとしては急ハンドル・急ブレーキをしない、ということです。

ロックはタイヤロックのことで、急ブレーキをかけるとおこります。即ち、そういう状況に陥らないことが重要ですので、常に先読みの運転と安全なスピードを守る、ということです。僕も運転免許取り立ての頃はあったのですが、車のテールがスライドし始めると慌ててブレーキを踏み、タイヤをロックさせてしまいます。ロックすると当然、車は操作不能に陥り、余計パニックになることは間違いありません。

スタックは、雪の降り積もる道で「車が埋まってしまう」ことですが、多くは急アクセルにより自車のタイヤで雪を掘り起こしてしまい、自ら埋まっていってしまうのです。万が一、スタックした場合は、捨てても良いタオルや大量の新聞を用意しておき、いざという時にはそれを4輪の下前方に引くという方法が有効です。

ちなみに、雪道での運転といえば、ポン・ポン・ポンと数回に分けてブレーキを分けて踏むポンピングブレーキがありますが、ABSが普及していますのでABS搭載の車には意味ないどころか逆に危ないので注意してください。ポンというより、ゆっくりぎゅ~っとブレーキを踏むようにしてください。

あと、一見表面が乾いた雪に見えても、その下にアイスバーンが隠れているってこともありますので要注意です。長野県やスキー場など雪道をドライブする際の参考になればと思います。

長野の雪山ドライブ

どうも、ヒロタカです。24歳です。長野市に住んでます。今は長野市のIT企業でSEしてます。

繁忙期は本当に忙しいですが、何とかやっていけてます。SEの仕事がやりたかったというよりはどちらかといえば、何かを作る仕事をしたかったんです。でも僕は立体物を組み立てるとか平面にイラストを描くとかっていうのは苦手で、パソコンでひたすらうちこんでいた方が性に合ってたのでこの仕事を続けてます。

僕は趣味はスノボをやっていて休日はよくあっちこっちの雪山に行きます。

わざわざ出かけるのはドライブしながら気分を高めて、スノボをやる瞬間に一番テンションが高い状態を作りたいからです。それでいつも行くところは北安曇郡白馬村にある白馬岩岳スノーフィールドです。ここまでは長野道豊科ICから行けます。

山頂では、北アルプス360度の絶景が楽しめ、そこから東西南北に向かって多彩なコースを滑ることが出来るんです。これはもう最高で、行くまでに貯めてたワクワク感をここで一気に放出します。ホント滑り飽きることないですよ。

あ、それはそうと今は若い人を中心にスノボ人気凄いですよね。関東からわざわざ長野まで来てる人もちらほら見かけました(車のナンバーとかが東京方面とかなんでなんとなくそうなのかなって思ってただけですけど)。

スノボはリフトから降りるのがめちゃくちゃ難しいことで有名なスノボですが、本当にその通りだと思います。僕も何回も失敗して転んだり降りられずに一周して戻ってきちゃうなんて事もありました(笑)なので、リフトから難なく降りれるようになったらステップアップですね。

あとはカービング・ターンが出来るようになれればかなりの腕前です。まぁ簡単に言葉で言いましたが、出来るようになるまで僕も何百回転んだかわからないです(汗)これに関してはやっぱりスポーツなので練習は必須です。ただ、出来るようになると絶対に楽しいですよ!