長野県の雪道で車運転するコツを教えます

どうも、ヒロタカです。

もうすぐ冬ですね。スノボが待ちきれません!長野県白馬の白馬岩岳スノーフィールドに行きたいです。たまには野沢温泉スキー場とかに行ってみようかな。

スキー場に行くときは車で行くのですが、雪道の運転は本当に怖いです。僕の車は4WDのスズキジムニーなのですが、それでも怖いです。凍った道路なんてベテランでも初心者でも関係なく危ないです!

ちなみに、雪道での運転のコツは「スライドさせない、ロックさせない、スタックさせない」というのが安全運転の基本です。

スライドとは横滑りのことですが、これには事前準備としてはスタッドレスタイヤや金属チェーンの準備・装着が必要です。心がけとしては急ハンドル・急ブレーキをしない、ということです。

ロックはタイヤロックのことで、急ブレーキをかけるとおこります。即ち、そういう状況に陥らないことが重要ですので、常に先読みの運転と安全なスピードを守る、ということです。僕も運転免許取り立ての頃はあったのですが、車のテールがスライドし始めると慌ててブレーキを踏み、タイヤをロックさせてしまいます。ロックすると当然、車は操作不能に陥り、余計パニックになることは間違いありません。

スタックは、雪の降り積もる道で「車が埋まってしまう」ことですが、多くは急アクセルにより自車のタイヤで雪を掘り起こしてしまい、自ら埋まっていってしまうのです。万が一、スタックした場合は、捨てても良いタオルや大量の新聞を用意しておき、いざという時にはそれを4輪の下前方に引くという方法が有効です。

ちなみに、雪道での運転といえば、ポン・ポン・ポンと数回に分けてブレーキを分けて踏むポンピングブレーキがありますが、ABSが普及していますのでABS搭載の車には意味ないどころか逆に危ないので注意してください。ポンというより、ゆっくりぎゅ~っとブレーキを踏むようにしてください。

あと、一見表面が乾いた雪に見えても、その下にアイスバーンが隠れているってこともありますので要注意です。長野県やスキー場など雪道をドライブする際の参考になればと思います。